即日お金借りる やっぱり低金利


★★順位⇒サービス名⇒年利⇒10万円を30日間借りた場合の利息

☆1位 楽天クレジット マイワン 7.0%〜 17.8% ¥575
☆2位 GMOネットカード 7.3%〜 29.2% ¥600
☆3位 オリックスVIPローンカード 7.7%〜 17.6% ¥632
☆4位 三井住友カードローン 8.0%〜 12.0% ¥657
☆5位 DCキャッシュワン 15.0%〜 18.0% ¥1,232
☆6位 モビット 15.0%〜 18.0% ¥1,232
☆7位 アットローン 15.0%〜 18.0% ¥1,232
☆8位 プロミス 17.80%〜 25.55% ¥1,463
☆9位 スタッフィ 23.36%〜27.74% ¥1,920
☆10位 ベティローン 25.55%〜29.2% ¥2,100
☆11位 クオークローン 29.20% ¥2,400
posted by 即日お金を借りる!低金利キャッシング-yoyogi at 21:40 | 低金利でお金を借りる方法

低金利 お金を借りる




楽天グループの個人向けカードローン会社、楽天クレジット株式会社 マイワン
独身のビジネスマンからご家族をお持ちの方まで、実質年率12.0%〜18.0%の低金利で利用できる。最大200万円まで低金利でお金を借りることが可能、普段のお買い物からご自身への投資まで、様々な状況でご利用に便利。
貸付条件等
限度額 50万円〜500万円
金利(実質年率) 7.0%〜17.8%
担保 不要
保証人 原則不要(ただし、必要な場合は楽天KC株式会社が保証)

返済について
残高スライドリボルビング払いまたは元利込定額リボルビング払い
遅延利率 29.2%(年率)
契約期間 2年毎の自動更新
返済回数 1〜24回(更新により延長されます)
遅延損害金 年率21.84%(閏年は年率21.9%)

企業概要
商号/楽天KC株式会社
福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目4番2号
楽天KC会館 0120-69-1076
福岡財務支局長(8)第00030号
関東財務局長(2)第01289号

posted by 即日お金を借りる!低金利キャッシング-yoyogi at 21:20 | 低金利でお金を借りる方法

即日お金借りる低金利 モビット!



入会金・年会費無料
全国67,000台の提携CD・ATM
年利15.0-18.0%(実質年率)
限度額最高300万円

カードローンの順位
posted by 即日お金を借りる!低金利キャッシング-yoyogi at 00:20 | 低金利でお金を借りる方法

融資保証金詐欺とは?

融資保証金詐欺とは、ダイレクトメールなどで融資話を持ち掛け、保証金や返済に関する保険料の名目で現金をだまし取る犯罪。
「振り込め詐欺」と同じようなもの。
売買された名簿に基づいてダイレクトメールなどを送るケースが多く、多重債務者が狙われやすいとされています。
posted by 即日お金を借りる!低金利キャッシング-yoyogi at 13:57 | 低金利でお金を借りる方法

消費者金融大手のアコムは26日、2007年3月期連結決算の業績予想を下方修正し、 税引き後利益の赤字幅が従来予想の2573億円から、4379億円へ拡大すると発表した。

 顧客への利息返還に備えた引当金を新たに1325億円積み増すことが主な要因だ。

 アコムは昨年11月、今後5年分の利息返還に備え、3575億円の引当金を計上した。しかし、 貸金業の上限金利を引き下げる改正貸金業法が昨年12月に成立した後、顧客からの返還請求が急増したため、引当金の積み増しを決めた。

 

消費者金融大手のプロミスは25日、顧客への利息返還に備えた引当金を積み増すため、
2007年3月期連結決算の税引き後利益の赤字予想額を、
昨年11月予想の1541億円から、3783億円に拡大すると発表した。
アコム、アイフル、武富士を合わせた大手4社の赤字予想額は合計で1兆円を上回った。
今後も大手の業績予想修正が続き、赤字が一段と拡大する公算もある。


 

プロミスは昨年11月、今後4年分の利息返還請求に備えて利息返還引当金約2100億円を計上した。
ところが、改正貸金業法が昨年末に成立し、貸金業の上限金利引き下げが決定した後、
利息制限法の上限(年15〜20%)を超える利息の返還請求が急増したため、
引当金を新たに2043億円追加する。
返還請求は、半年前に予想した月20億円の2倍の約40億円に達しているという

posted by 即日お金を借りる!低金利キャッシング-yoyogi at 13:08 | Comment(7) | TrackBack(2) | 低金利でお金を借りる方法

今からおよそ10年以上前、バブル期(含む前後)に長期固定の住宅ローンを借りた人は、その金利が5〜6%というのも珍しくありません。これらのローンは、現在と比べて、金利水準が高いため、より多くの利息を支払わなくてはなりません。

それに対して、金利水準が低い今なら、借り換えをすることで、大きなメリットを得るチャンスがあります。具体的には、毎月の返済額が減ることで家計収支を改善することができたり、利息支払いが減ることでローンの総返済額を減すことができます。

しかしながら、住宅ローンの借り換えは、どんなケースでもできるというわけではありません。例えば、民間の金融機関から住宅金融公庫などの公的融資には借り換えができません。実際に借り換えができるのは、住宅金融公庫から民間の金融機関、年金融資から民間の金融機関、民間の金融機関から民間の金融機関などに限られています。

また、住宅ローンについては、単に金利の高いものから金利の低いものに借り換えれば、効果があるというわけではありません。また、さらに金利が低下した場合は、もっと有利な条件で借り換えることができた、ということもあり得ますので、金利動向には注意が必要です。

実際に借り換えで効果があるのは、一般的に以下の3つの条件に当てはまる場合と言われています。

条件1  現在のローンとこれから組む新しいローンの金利差が1%以上ある
条件2  ローンの残高が1000万円以上ある
条件3  返済期間が10年以上ある

この3つの条件はあくまでも目安ですので、必ずしも全てに当てはまっていなくてはならない、というものではありません。

既に組んでいる住宅ローンの内容にもよりますが、たとえば住宅ローンの残高が1000万円以下であっても、金利差が2%以上あるときなどは、メリットがある場合もあります。

posted by 即日お金を借りる!低金利キャッシング-yoyogi at 10:21 | 低金利でお金を借りる方法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。